VERAトップページへ  
ここから本文

VERAとは、相対VLBIの手法によって、これまでより100倍高い精度で銀河系内にあるメーザー源位置運動をはかり、銀河系の3次元地図を作成するプロジェクトです。


更新情報


トピックス

VERAが大質量星形成の理解に貢献 〜S255でジェット駆動のバウショックを観測〜

鹿児島大学のRoss A. Burns氏を中心とした研究チームは、VERAを用いて大質量星形成領域S255の水メーザー観測を行い、S255領域でアウトフロー(物質の流出)、およびU字形のメーザー分布を検出しました。
この分布は、低質量星形成領域でよく使われる、ジェット駆動バウショックモデルで上手く再現されました。

>> 続きを読む

画像



ここからフッター